新築祝いで引っ越しを盛大に祝おう|喜ばれるギフトの選び方

フラワー

電報サービス

花

ネット電報

誰かが亡くなったという連絡を受けた場合は、葬儀会場に足を運んで遺族に直接お悔やみの気持ちを伝えるようにするのが望ましいです。しかし、何らかの事情があってどうしても葬儀に参列することができない場合があります。そのような時は、まず弔電を打ち、葬儀後しばらく経ってから香典を持参するとよいです。弔電は、昔はNTTだけが取り扱っていましたが、今は弔電サービスを提供している業者の数がグッと多くなりました。ほとんどの業者がインターネット専業の営業形態を取っているため、利便性がとても高い上に料金が安いというメリットがあります。弔電の場合は、遅くても告別式が始まる前に会場に届いていなくてはなりません。ネット電報サービスは、インターネットを利用していつでも都合の良い時間に弔電の申し込みができるようになっているため、重宝することができます。

電報の利用

今はインターネットが発達していますので、電話をかけたり手紙を書いたりする機会がメッキリ減ってしまいました。わざわざ電話や手紙という手段を取らなくても、電子メールを利用すれば、必要最小限の手間と時間で用事を済ませることができます。電話の場合は、相手の状況などお構いなしでかけることになりますので、迷惑をかけてしまうこともあります。また、手紙の場合は、文章を書いたりポストに投函しにいったりする手間がかかってしまいます。でも、電子メールであれば、そのような不都合が一切ありません。そのため電話や手紙の利用が大幅に減少してしまったのですが、電報に対する需要だけは常に一定数が保たれ続けています。なぜかというと、弔意や祝意を表す際には、電報という形式を取ることがマナーとなっているためです。弔電を電子メールで済ませてしまったりすれば、とても非常識な人だという烙印を押されてしまうことになりますので、注意が必要です。

Copyright © 2017 新築祝いで引っ越しを盛大に祝おう|喜ばれるギフトの選び方 All Rights Reserved.